近視手術の後遺症対策研究会~レーシック関連のマスコミ報道
HOMEレーシックのマスコミ報道
レーシック関連のマスコミ報道



 知らないと危険! [ 流行の裏側 ] 大調査17連発

   週刊 「SPA!」 2012年8月28日号

  投資、グルメ、Facebook、レーシックetc.今が旬の商品&サービスには落とし穴があった!

 「レーシックを受ける医者はいない」と言う事実に不安は増すばかり!

  角膜にレーザーを照射することで視力を矯正するレーシック。
 最近では前田敦子や松坂大輔らの有名タレントやスポーツ選手の体験
 例も各医院の広告に多く掲載されその安全性をアピールしているが、
 一方巷で話題なのは“レーシック難民”の存在。

  「レーシック難民とは、手術後、さまざまな合併症などの自覚症状を訴えて
 いるにもかかわらず、適切な治療が受けられないで放置されている人たち
 のことです」 そう語るのは医療ライターのF氏。 レーシック特有の合併症
 とは夜間に光がにじむ/左右で見え方が違う/砂嵐のようにものがかすんで
 見える/近くのものが見えないなど多岐にわたり、ネット上では「健康だった
 目を改造された」「吐き気と悪寒が止まらない。人生を棒に振った」などと、
 恐怖をあおるような文言が並ぶ。


  「レーシック難民が生まれる背景には、レーシック
 における視力矯正の“定義”に問題があると言われ
 ています。「視力が1.5以上出れば手術は成功」と
 考えるクリニックが少なからずあると言うことです。
 見え方に違和感があると患者が訴えても「それがレ
 ーシックというもの、個人差はあって当然」と一蹴さ
 れてしまう。
  合併症が起こりうることを同意書にサインしたうえ
 で手術を受けるので、訴えられた病院が敗訴になる
 ことは、院内の衛生面などから感染症の生じたケー
 スを除いてはほぼ無いと言う現実もあります(F氏)」

  そして「僕の周辺にレーシックを受ける医者はいま
 せん」というF氏の証言も不安を増す。
  「医者の情報網を使えば、信頼できるクリニック、
 医師に手術をお願いすることは可能なのに、受け
 ないのはなぜか?それはトラブルへの不安ではな
 く、「手術を受けても視力は確実に落ちるもの」とい
 う認識があるからです」

  スポーツ選手など、「短期間でもいいから視力を
 上げたい」と言う人ならともかく、「将来のコストを考
 えればコンタクトの料金より安い」と言った理由で
 手術に踏み切るのは早計のようだ。





HOMEレーシックのマスコミ報道
Copyright (C) 2012 近視手術の後遺症対策研究会 All Rights Reserved