近視手術の後遺症対策研究会~レーシック難民の眼鏡講座
HOME < レーシック難民の眼鏡講座

レーシック難民の眼鏡講座



 1.はじめに レーシック難民からレーシックを考えているあなたへ

 2.日本の大半の眼科(レーシック手術クリニック含む)及びメガネ店における
   「検眼」の現状と限界

 3.眼鏡の処方箋の読み方

 4.眼鏡の処方箋の対比

 5.「Prism」「Base」が必要になる症状、「眼位異常」とは何か

 6.「斜位」はごくありふれた症状

 7.眼科で「斜位」を指摘されることが少ない理由

 8.常時安売りのメガネ店で斜位を指摘されることがない理由

 9.近視のときはそれほど問題にならない斜位

 10.レーシック後、PC作業で貴方の目にかかる負担は手術前より大きくなる

 11.データが正確でも、術後の一時的な遠視化は起こりうる事態である

 12.「遠視」×「斜位」で貴方もレーシック難民

 13.実際に難民になったとき、病院で何が起きるか

 14.実際に難民になったとき、メガネ作成の際に何が起こるか

 15.再手術や、眼鏡、コンタクトによる矯正は言われるほど簡単ではない

 16.既にレーシック難民になってしまったあなたへ

 17.既にレーシックを受けて現在のところ無症状のかたへ

 18.レーシック難民×メガネ屋さんの Q&A

 19.おわりに(「筆者はメガネ屋の手先では?」と言う質問に対して)




HOME < 次へ
Copyright (C) 2012 近視手術の後遺症対策研究会 All Rights Reserved