近視手術の後遺症対策研究会~東京都 ・ 楽視眼科 吉田憲次様 ・ 田尻千鶴子様様への公開質問
HOME公開質問
公開質問


 東京都 ・ 楽視眼科 吉田憲次様 ・ 田尻千鶴子様

     
                    2010.2.15 近視手術の後遺症対策研究会 代表 岡本隆博

 貴クリニックが掲出しておられますネットサイト
  (1)http://www.npo-ink.com/
  (2)http://www.npo-ink.com/archive/?cat=15 (どちらも2010.2.19現在)
 の内容について、疑問を感じた点がありますので、ここに謹んでお尋ねします。 
 以下の文の中の 《  》 内の文は、上記の貴サイトからの原文のままの引用です。


 (質問1) 貴サイトの(1)では院長は田尻千鶴子様、(2)では院長は吉田憲次様、となっていますが、
       どちらが本当なのでしょうか。

 (質問2) 貴院では、他で近視手術を受けてうまくいかなくて困っている「レーシック難民」の「救済」の診療
       を行なっておられるそうですが、その場合の患者が負担する医療費は、下記のうちのどれなので
       しょうか。

       (  ) 全額健康保険が適用されるが、本人負担分は本人が支払う。
       (  ) 全額健康保険が適用されるが、本人負担分は無料サービスとする。
       (  ) 一部の診療に健康保険が適用され、適用されない分については本人負担となる。
           適用される分には本人負担分もある。
       (  ) 一部の診療に健康保険が適用され、適用されない分については負担となる。
           適用される分の本人負担分は、無料サービスとする。
       (  ) レーシックの後遺症の診療には健康保険は全く適用されないので、全額自費負担となる。
       (  ) ボランティアでの難民救済事業なので、医療費は一切無料としており、もちろん保険点
           数の請求もしていない。
       (  ) その他(                             )

 (質問3) 吉田様がこれまでに手がけられた近視手術の患者さんは、数多いのでしょうが、そのうち、手術
       の予後が思わしくなくて吉田様に相談したものの、吉田様の事後措置に満足できず、他の眼科
       で診療を受け、そこでも納得できず……ということで、「レーシック難民」となった人は、これまで
       に吉田様が手がけられた近視手術の患者さんの中ではどのくらいの率でいるのか、ということに
       ついて、ご想像でいいですので、お聞かせいただけませんでしょうか。

 (質問4) レーシック後のステロイド剤の点眼投与は、眼圧上昇につながるのですが、それが眼底を痛め
       て緑内障を引き起こす蓋然性についての、貴殿のご意見をお聞かせください。

 (質問5) 貴院では、術後の遠視対策やハロ対策にサンピロを処方しますか。
       (その長期使用は角膜や虹彩に障害をあたえるおそれがあるのですが)

 (質問6) 貴院では手術直後以外の点眼薬を施設内処方とされているのでしょうか。

 (質問7) 上記の質問に対して「はい」であれば、それは医薬分業からはずれていますが、なぜ施設内処
       方にされるのですか。

 (質問8) 術後にまた近視が進んで、再手術を希望されて、角膜の厚みが足りない場合、かならずメガネ
       かコンタクトレンズでうまく視力が出るのでしょうか。

 (質問9) 近視手術を受けたかたの中には、術後1年たっても2年たっても、点眼なしではハロやグレアが
       残って困るというかたがおられると聞きますが、貴院では、そのようなかたはどのくらいの率でお
       られるのでしょうか。

 (質問10) 貴殿が手がけられた近視手術の患者様の中で、これまでに角膜移植を必要とした人は何人
        いたでしょうか。

 (質問11) 近視手術には事前事後の正確な屈折検査が必須ですが、貴院における自覚的屈折検査は、
        通常の単眼検査でしょうか。それとも両眼開放屈折検査でしょうか。後者であれば、両眼調節
        バランステストにおける雲霧量の求めかたは、どのようにされますか。

 (質問12) 貴院では、眼軸長を測るのに使用されるのは、超音波のものだけですか。それとも、より正確
        な数値が得られるレーザーのものもお使いになるのですか。

 (質問13) 一般に近視手術の施設では、手術適応の検査を甘くすると、器械の償却は速くなりますが、
        結果としては、思わしくないことになる人が増えるというジレンマがあります。貴院での適応の
        判断は決して甘くはないと思いますが、その前に、職業上やスポーツなどの理由で、眼鏡や
        CLではどうしても無理、という人に絞って適応検査をされるのでしょうか。 それとも、単にメガ
        ネは嫌い、コンタクトは面倒だ、という人も近視手術の対象として適応検査をされるのですか。

 (質問14) 貴殿は、学術的なデータとするために、貴殿が手がけられた近視手術の患者さんの追跡調
        査を、どの程度の期間に渡って、どのようにして行なっておられるのでしょうか。

 (質問15) 貴院では、同意書を見せて検討してもらう時間を、最低何時間(何日)以上確保しておられま
        すでしょうか。




HOME公開質問
Copyright (C) 2010 近視手術の後遺症対策研究会 All Rights Reserved