近視手術の後遺症対策研究会~レーシック関連のマスコミ報道
HOMEレーシックのマスコミ報道
レーシック関連のマスコミ報道



  患者1万8000人の情報流出か 品川近視クリニック銀座院

   2008年11月4日 MSN産経ニュース

  視力回復手術で知られる「品川近視クリニック」の銀座院(東京都千代田区)で、患者約1万8000人
  の名前や住所などの個人情報が流出した疑いがあることが4日、分かった。クリニックはパソコン内に
  保存していた情報を何者かが持ち出したとみて、警視庁に相談している。

  クリニックによると、流出したとみられるのは平成16年10月から18年2月までに銀座院を受診した患
  者約1万8000人分の名前、住所、電話番号、生年月日などが保存されたファイル。診療内容は含
  まれておらず、ファイルを開くにはパスワードが必要という。

  報道機関に約5000人分の個人情報が添付されたメールが届き、今月2日に報道機関から問い合わ
  せがあった。クリニックで確認したところ、同ファイルに保存されていた個人情報の一部と判明した。
  情報が不正に利用された形跡は確認されていないという。

  クリニックは「パスワードが必要なファイルから個人情報が流出しているため、インターネットを通じた
  漏洩(ろうえい)ではなく、何者かが記録媒体に個人情報を保存して持ち出した可能性が高い」として
  いる。




HOMEレーシックのマスコミ報道
Copyright (C) 2009 近視手術の後遺症対策研究会 All Rights Reserved