近視手術の後遺症対策研究会~アメリカにもレーシック警告サイトが
HOME
アメリカにもレーシック警告サイトが

http://www.lasikcomplications.com/
(2010年3月28日現在)



 アメリカにおける、本会のような役割をしているサイトで、医師も加わって運営されているサイトが
 あります。 FDAの科学的、定量的データを生かしており、信頼できる良いサイトです。


 日本のサイトではめったに実物を見ることができないエクタシア・ケラトアクタシアの生の写真が、衝撃
 です。 動画も衝撃の事実を語っています。

      http://www.lasikcomplications.com/ectasia.htm

 +++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 レーシックをうけるべきでない主たる10個の理由

      http://www.lasikcomplications.com/TopTenReasons.htm

 ここの記述によると、

  ・ レーシック後のドライアイ悪化は20%の出現頻度である。
  ・ 術後6ヶ月時点で、17.5%の患者にハロ、19.7%の患者にグレア、19.3%の患者に夜間運転への
   支障、21%の患者に目の乾き、が生じて見え方の質の低下をおこす。
  ・ 過度の角膜切削は角膜のひっぱり強度を2.4%までに低下させ、時にエクタシアを引き起こし角膜
   移植を必要とする。
  ・ 正確な眼圧測定が困難になることによる緑内障による失明のリスクの増加。
  ・ 術後の目の屈折度数の変化により度々の施術が必要になる。
  ・ 91%以上の施設が、よりリスクを高める両眼同時施術を行う。
  ・ 結局、40歳を超えると老眼でメガネが必要になるので、遅かれ早かれ再びメガネの生活になる。
  ・ 施術機器製作会社による臨床治験の結果報告の際に、ドライアイや夜間の見えかたの悪化を施術
   による副作用として扱って報告していない可能性があるので、正確な統計がわかりにくい。
  ・ 先駆的な施術医師はフラップを作るレーシックよりもPRKを選択しているが、不必要な手術で失明
   のリスクを負う理由にとぼしく、近視に対してはメガネやコンタクトが一番安全な代替策である。


 そして、レーシック術後見え方の不具合で、術後6年半で28歳の若さで自殺した人の悲しいお話です。

 FDAの調査により、最近、レーシック術後の後遺症と鬱の相関が明らかになってきたそうです。

 リンクの記事を読むと、アメリカでも、医師が術後の患者の後遺症をないがしろにして、対処せずに逃げ
 るケースが多いようです。

      http://www.lasikcomplications.com/Colin.htm

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++





HOME
Copyright (C) 2010 近視手術の後遺症対策研究会 All Rights Reserved