深視力メガネ研究会トップページ 深視力とは 深視力検査 深視力検査のできる会員を紹介 深視力の質問と回答 深視力メガネをお作りして 深視力メガネ研究会の会員募集


プリズム処方でわかりやすく


石川県 ・ おみメガネ・穴水店   小見英夫
プリズム処方でわかりやすく

57歳男性、教習所にて、入所のときと仮免許のときと、
2回の検査がありましたが、どちらもザルのような検査だったようです。
主訴は「棒が4本に見える」。

2週間ほど前に当店のHPを発見し、
毎日、プッシュアップ法による輻輳訓練を行い、
また、ステレオグラムの本を購入されて、最初は全く融像できなかったのが、
平行法での融像はできるようになったそうです。

所持眼鏡
R=S−1.25
L=S−0.25 C−0.25 Ax135 P無し
これは地元眼鏡店にて作成。
深視力に不安を感じ、眼科で処方された眼鏡
R=S−1.50
L=S−0.50 P無し
どちらもアイポイントを無視して、データムラインの2mm上に
機械的に光学中心を置いてあり、
アイポイント付近では右目に0.25〜0.50△のB.D.となっていました。
また、当日はお持ちになられませんでしたが、
別の眼科で深視力の相談をしたら、かえってボヤケて見える眼鏡を作られた
とのこと。恐らく近用鏡でしょう。

片眼遮蔽屈折検査
R=0.3(1.5×S−1.50)
L=0.7(1.5×S−0.50 C−0.25 Ax130)
眼位検査
遠見3.5△B.I. 近見5△B.I.(偏光十字)
精密立体視(偏光)2分
ワォース4灯
複視、2△B.I.で複視は解消
両眼に1△づつ入れて両眼開放屈折検査
R=S−1.50
L=S−0.50
遠見融像幅
分離 7△in〜23△out
回復 6△in〜22△out
老眼で適当な近用視標が無かったので近見融像幅は省略しました。
輻輳近点 10センチ

3.5△程度の外斜位で、融像幅が広いのに関わらず、
周辺融像で複視が出るのが不思議に感じましたが、
複視の消える2△を付加すると、
精密立体視30秒、三桿計でも連続して1センチ以内に収まるように
なりました。
2〜3.5△の間で自覚的に比較していただきましたが、
量を変えても特に見え方は変わらず、三桿検査でも違いがありませんでしたので、
最終的なプリズム量は2△といたしました。

年齢的に、プッシュアップの効果は期待できないかもしれませんが、
ステレオグラムは平行法、交差法のどちらもできるように練習してください、
とのアドバイスをいたしました。


深視力メガネ販売記のページへ戻る

HOME深視力とは深視力検査会員紹介深視力Q&A深視力メガネをお作りして会員募集


Copyright (C) 2007 深視力メガネ研究会 All Rights Reserved