近視手術の後遺症対策研究会~レーシック 草創期の手術で、深刻な後遺症も
HOMEレーシックのマスコミ報道
レーシック関連のマスコミ報道


  レーシック 草創期の手術で、深刻な後遺症も   
  週刊 『SPA』 (2015年3.10号)

 週刊『SPA』(2015.3.10号)に、またもやレーシックの
 後遺症についての記事が掲載された。 ↓

     

                                                ↑ クリックで記事を拡大


 一時は年間40万人に上る施術が行われていたが、最近では術後のリスクについて
 かなり周知されるようになったためか、これまでより下火になってきたようである。
 しかし、この記事のように、依然としてこのような例は枚挙にいとまがない。

 美容系を含む大多数のクリニックでは営利を優先し、甘い言葉や派手な宣伝で患者を集めることに
 熱心な反面、術後の不具合や合併症などについては、そのほとんどを不定愁訴で片づけてしまい
 全くお粗末な状況である。
  
 我が国のレーシックに関する、合併症や後遺症の研究を見ても米国に比べ圧倒的に遅れているという。

    参照:(http://lasikmutualjapan.jimdo.com/日本での研究の遅れ/

 このような事態は、日本の眼科学会の怠慢だと言えるのではないだろうか。
                                                  (保田)        


HOMEレーシックのマスコミ報道
Copyright (C) 2015 近視手術の後遺症対策研究会 All Rights Reserved