近視手術の後遺症対策研究会~東京都・南青山アイクリニック東京 戸田郁子様・坪田一男様への公開質問
HOME公開質問
公開質問


 東京都 ・ 南青山アイクリニック東京 戸田郁子様 ・ 坪田一男様

      
                   2009.12.4 近視手術の後遺症対策研究会 代表 岡本隆博

 貴眼科が掲出しておられますサイト(http://www.minamiaoyama.or.jp/ 2009.12.4現在)について疑問を感じ
 た点がありますので、ここに謹んでおたずねします。
 以下の 《 》 内の文は、上記の貴サイトからの原文のままの引用です。


 (質問1) 貴院での近視手術の結果に対する《患者様》の満足率93%をさらに高めるのが自分たちの
       使命だとのことですが、その統計は、一度取っただけではなく、何度か取られたのですね。
       その調査はこれまでに何度あったのでしょうか。そして、そのたびに、満足率が上がってきた
       のでしょうか。

 (質問2) その7%の不満について、詳しい内容と、なぜそういう不満が出たのかと言うことを教えていた
       だけませんでしょうか。

 (質問3) 貴眼科は医療法人です。 ということは、貴眼科では、営利目的のビジネスではなく、医療と
       して近視手術などを行っておられるわけです。 であれば、近視手術の結果、患者さんも医師
       もニコニコという例だけではなく、どちらも(少なくとも患者様は)非常に困ったという例も詳しく
       具体的に公表するのが、医療を施す側の責務ではないでしょうか。 近視手術を検討している
       人は、そういう例を知りたくないはずがないと思うのです。

 (質問4) 貴サイトに 《「近視・乱視・遠視」を補正し、視力を回復します。》 としてありますが、通常は「補正」
       とは言わずに「矯正」と言いますが、貴眼科ではなぜ「補正」とおっしゃるのでしょうか。 「補正」と
       言うからには、何か「補う」という要素があるはずですが、たとえば近視の何を「補う」のですか?
       遠視に対してなら、足りない屈折力を補う、ということで意味は通りそうですが、近視や乱視に対
       しては、近視眼の何を補うのか、わかりません。

 (質問5) フェイキックIOLでの成績について、2008年のもので、術後6ヶ月までは裸眼視力(平均だと
       思いますが)が1.0であったというグラフが載っていますが、貴院の場合、データが書いてあった
       2004年以前からフェイキックを手がけておられ、現在で850人にものぼるとか……。
       そうすると、術後2~3年から数年以上の人についても裸眼視力や屈折度数の変化の様子が、
       かなりの人数で統計できると思うのですが、それについては、調査結果はあるのでしょうか。
       あるのならば、ぜひ公表をお願いしたいのですが、いかがでしょうか。

 (質問6) レーシックは両眼に施術する場合、たいていは続けさまになさるようですが、フェイキックについ
       ては1ヶ月の間を空けておられます。 その理由をおたずねします。

 (質問7) 近視手術を受けるにあたっては屈折状態がある程度の期間は安定していることが重要ですが、
       貴院は、それをどのような方法で確認されるのでしょうか。

 (質問8) 近視手術の術後には、必ずしも正視になるとは限らず、近視、遠視、乱視が残っている場合も
       多いものです。 術後の定期検査では、裸眼視力だけではなく屈折度数がどうなっているのかと
       いうことも重要なのですが、それはオートレフだけでは十分には分かりません。 正確な自覚的
       屈折検査が要ります。
       しかも調節の介入を最小限に抑えられる両眼開放屈折検査が望ましいのですが(そうでないと
       弱度遠視はよく見逃がされます)貴院では、両眼開放屈折検査をどのような検査プロセスでもっ
       て実行なさっているのでしょうか。
       それに使う視標や検査器具についてもお尋ねします。

 (質問9) 《南青山アイクリニックは、日本で最初に眼科専門医がレーシックを始め、既に10年が過ぎ、術後
       10年までフォローを行っています。》 とのことですが、レーシックの術後数年以上たった人におけ
       る、「後悔度」はどうなのでしょうか。 すなわち、数年以上たってもまだハロやグレアなどの問題が
       残っているとか、数年以上経ってから予期せぬことが起きて困っていて、レーシックなど、しない方
       がよかった、と後悔している人の割合はどのくらいあるのでしょうか。

 (質問10) 《レーシックの長期安全性》 のページに、たいへん立派な統計結果が載っているのですが、
        その下に 《なお、患者様の来院率は、6ヵ月55%、1年46%、5年9.3%と低下しますので、術後
        の裸眼視力、屈折の結果に影響を及ぼしている可能性があります。》としてあります。
        これはすなわち、もしも、自院で手術を受けた人を全員この調査の対象としたならば、結果は
        ずっと悪くなるかもしれない、ということですね。

 (質問11) 引っ越しでもしない限り、眼の調子がさほど悪くなければ、普通は手術を受けた施設で定期の
        チェックをしてもらうものだと思いますが、たとえば、1年で約半分の人が来なくなるというのは、
        残りの半分の人のなかには、眼の調子が思わしくないが、いまさら、手術を受けた施設へ行っ
        て治療を受けてもどうにもならないし、ということで、もうその施設とには行かない、という人もいる
        という蓋然性もあるわけですね。

 (質問12) 他の施設で近視手術を受けた人への診療のお誘いも書いてありますが、その場合、診療費に
        健康保険は適用されるのでしょうか。 また、そういう人への診療において「他での治療ではうま
        くいかなかったけれど、ここでの治療でなんとかなった」というケースは、どのくらいの率であるの
        でしょうか。

 (質問13) 《正視》 について 《正視とは、遠くを見た時にちょうど網膜上にピントが合う状態をいいます。》
        と説明をされていますが、この説明なら随意遠視や相対遠視と同じことになってしまって、正視
        の説明にはなりません。
        「(ピント)調節をしない状態で」が抜けています。 読者がみな専門家であれば、勝手にそのよ
        うに補って理解してくれますが、読者のほとんどが専門家ではないので、そういうことはしてくれ
        ません。 ですから、一般向けのこの種の説明にこそ細心の注意を払った正確な説明が要求
        されると私は思いますが、いかがでしょうか。

 (質問14) 《近視》 や 《遠視》 の説明においても、同様に調節に関する記述が抜けていますが、《近視》 に
        ついて 《近くのものは見えても遠くのものは見えません。》 というのは粗雑に過ぎる記述です。
        たとえば-1Dくらいの近視なら遠くでも裸眼で1.0に近い視力が出ますよね。
        もっと正確な記述に換えるべきだと思われませんでしょうか。

 (質問15) 《遠視》 について 《遠くも近くも見えにくく、目が疲れやすいのが特徴です。》 としておられます
        が、これもおかしいです。 これは絶対遠視の説明であり、レーシック術後に往々にして見受け
        られる随意遠視や相対遠視(その中でも、相対遠視、すなわち、遠見は良いが近見は困難、に
        なる例も多いですね)はこういう見え方ではありませんよね。 これも訂正すべきだと思われませ
        んか。

 (質問16) 《合併症》 のところに 《夜間の見え方・にじみ 光がにじんで見えたり、まぶしかったり、また明る
        い場所に比べて暗い場所(夜間)で視力の低下を感じることがあります。 ほとんどの方は手術後
        半年程度で改善または消失します。》 としてありますが、レーシックのあとでこういう症状がまった
        く現れないかたはおられるのでしょうか。 また、半年以上たっても、この種の見え方が残る人は
        貴院の場合、全体の何割くらいおられるのでしょうか。

 (質問17) 《Q&A》 のところに 《目の状態が安定する18歳以上を手術の適応の目安としています。》 とし
        てありますが、20代はもとより、30代でも、けっこう近視の進行は見られます。近視手術それ
        自体に近視の進行を止める働きはないはずですが、年代別の近視手術の術後の時間経過に
        伴う近視進行のデータはあるのでしょうか。

 (質問18) 《老眼矯正レーシック》 というのを紹介しておられますが、これは他のレーシック施設ではあまり
        なされていないようですが、これは貴院ではいつごろから開始されたもので、これまでにどのくら
        いの手術件数がおありなのでしょうか。

 (質問19) 《老眼矯正レーシック》 の結果に対する 《患者様》 の満足度は、どうなのでしょうか。
        以下はそれに対する私の個人的な意見や推察です。間違いがあれば、おっしゃってください
        ませんか。
        これは厚労省未認可だし、術後の見え方の質があまり期待できないと思います。 遠用部と近
        用部での境目の切除をなめらかにしないと、その段差部分で光が乱反射したり、ハロ・グレの
        原因になります。 その境目をなめらかにしようとして切除しようとすると、切除量が増えて、角膜
        の周辺部が非常に薄くなるおそれがありそうです。

        局所的に薄い部分が、角膜周辺部にぐるっと一周出来ることになって、角膜が、眼圧に耐え切
        れなくなって飛び出してくる、いわゆる、角膜拡張症につながりかねないのではないでしょうか。
        角膜拡張症が起こると再び角膜のカーブがどんどん強くなっていって、近視が強くなるばかりか、
        メガネやコンタクトレンズでは矯正できないほどの強い乱視を引き起こして、ひどい円錐角膜の
        ように、最悪の場合は角膜移植が必要になる……というような想像もしてしまいます。

        この手術の場合、瞳孔径によって角膜の削りかたが変わると思われますが、どのくらいの大きさ
        の瞳孔径を想定するのかが難しそうです。
        そして、こういう手術をしてしまうと、将来、白内障になった時のIOLの度出しに困りそうです。
        また、この手術の後で老眼がさらに進んだときには、さらに追加の角膜削りをすると角膜がます
        ます弱くなりそうなので、非常に難しいと思います。
        それでもし、あくまでもメガネを使いたくないということで、遠近両用のコンタクトをするとすれば、
        元々多焦点になっている目に、多焦点のコンタクトをうまく合わせることができるのだろうか、とい
        う疑問も生じます。
        そして、メガネでも、はたして多焦点メガネや単焦点メガネを合わせられるかどうかというのも、
        予想が難しいですね。

 (質問20) 貴サイトの中の近視手術に関する 《診療・手術スケジュール》 のページが空白なのですが、
        貴院では同意書はどの段階で 《患者様》 にお見せになりますか。 《患者様》 がそれを見て
        検討する時間(日数)をどの程度設定しておられますか。

 (質問21) レーシックやPRKにおいては、坪田医師による場合と他の医師による場合とで、手術費用は
        両眼で10万ほどの差があるのですが、カスタムレーシックについては、費用の差がありません。
        その理由をおたずねします。

 (質問22) 一般眼科診療(保険適用)を行っているということで、《南青山アイクリニック東京では2008年8
        月より保険診療を開始しました。 各種、健康保険がご使用になれます。ドライアイ、アレルギー
        性結膜炎、角膜疾患、白内障、屈折異常(近視、遠視、乱視)、コンタクトレンズ処方(販売店の
        ご案内はこちらから)、メガネ処方、老視、眼精疲労など、様々な眼科疾患を経験豊富な眼科
        専門医が診断と治療を担当させていただきます》 《原則保険診療ですが、治療内容によって
        は保険診療とならない場合もあります》 と書いてありますが、貴クリニックにてLASIKを受けた
        患者さんが術後検査を受ける眼科施設も、この眼科診療施と同一なのでしょうか。

        もし、同一である場合には、たとえば、以前からアレルギー性結膜炎で通院されていた患者さん
        が、貴クリニックにてLASIKを受けドライアイを併発した場合には、双方が保険適応外になるの
        でしょうか。
        また、もし、LASIK術後の診療施設が別である場合には、患者さんが払う初診料の負担はどの
        ようになるのでしょうか。
        それぞれの診療に対して、初診料を別々に払わなければいけないのでしょうか。

 (質問23) 《「学生応援プラン」始めました!! (^O^)/ 毎 月先着20名様限定!通常レーシック両眼
        23万円》 とのことですが、この場合の、《通常レーシック》 とはどのようなレベルのレーシックを
        さすのでしょうか。
        アイトラッキングシステム機能(角膜上皮層にFSレーザーでフラップを作成した後、角膜実質層
        にエキシマレーザーを照射してする際に、緊張のために眼球が微細に動いても、その動きに合
        わせて照射位置を自動的に追尾して(アイトラッカー)補正して照射ずれを防止するための装置)
        などは、使用する施術なのでしょうか。
        もし、この機能をしない手術であれば、手術後に不正乱視を引き起こすリスクが高まるわけで
        す。
        また、レーシック術後に角膜乱視が残ってしまったり、照射中心ずれがあったりした場合に、
        《通常レーシック》 では対応できない場合、トポリンクレーシックなど方法での収差を矯正する
        ことが追加で必要になると思いますが、その場合の患者さんの費用負担のシステムはどのよう
        になっているのでしょうか。

 (質問24) 貴クリニックでは、《コンタクトレンズ処方(販売店のご案内はこちらから)》 をされているという
        ことですが、貴クリニックで処方されたコンタクトレンズは、必ずこの案内の販売店でレンズを
        購入しないとならないのでしょうか。
        あるいは、他のコンタクトレンズ販売店にてレンズを購入しても良いのでしょうか。
        前者であれば、なぜ、コンタクト販売店をクリニックと分けて設置しているのかについて、理由を
        教えて下さい。
        また、眼科におけるコンタクトの診療報酬は、全受診患者に対するコンタクト処方目的で受診
        した患者の割合の大小によって決まるわけで、主にコンタクトレンズ処方のみを行う眼科施設に
        おいては、診療報酬が低くなるわけですが、貴クリニックの場合この、「全患者数」の申請には、
        レーシック施術者も含めておられるのでしょうか。
        また、コンタクトやレーシック以外で貴クリニックを受診する患者さんは、どの程度の割合いる
        のでしょうか。




HOME公開質問
Copyright (C) 2009 近視手術の後遺症対策研究会 All Rights Reserved