深視力とは 深視力検査 深視力検査のできる会員を紹介 深視力の質問と回答 深視力メガネをお作りして 深視力メガネ研究会の会員募集
深視力についてよくある質問

 質問の一覧 
Q1 この研究会の会員の店の深視力の器械を使って練習だけでもできるのでしょうか。
その場合、料金はかかるのでしょうか。
Q2 その検査をしてもらったら、必ずメガネを買わなければいけないのでしょうか。
Q3 そちらで深視力試験用メガネを作ってもらったら、必ず試験に合格できるのでしょうか。
Q4 では、深視力の検査については、検査料はかかるのでしょうか。
Q5 では「最近深視力試験でなんとか合格したが、四苦八苦した。
いまこのメガネで(あるいは、裸眼で)運転には特に困っていないので、どこの店でも
メガネを作るつもりはないけれど、丁度よい機会なので、なぜ深視力が出にくいのかを
調べてほしい」と いう希望であればどうでしょうか。
Q6 検査を受けた店でメガネを作ってもらうとして、メガネフレームはその店で買わないで、
他店のメガネフレームを持ち込んで、レンズだけをその店で入れてもらうということは
可能でしょうか。

Q1:この研究会の会員の店の深視力の器械を使って、練習だけでもできるのでしょうか。
その場合、料金はかかるのでしょうか。
本会の会員がいる店では、練習だけではお受けしておりません。
なぜなら、深視力については、練習よりも前に、
まず両眼でものをしっかりと融合して(これを融像と言います)見ることができるのかどうかとか、あるいは、立体視機能がほぼ正常にあるのかどうかということを調べる必要があるからです。

それを把握せずして、練習だけしても、まったく時間と労力の無駄に終わる場合も出てきます。

ですので、我々の場合には、まず、必ず詳しい検査をします。
それから深視力を検査する器械を使って、深視力の確認や練習をしていただきます。
ページのTOPへ戻る
Q2:その検査をしてもらったら、必ずメガネを買わなければいけないのでしょうか。
:いえいえ、それはまったくご自由です。
深視力のお客さまの場合には、普通のメガネとは違って、検査だけで終わって、メガネのご注文には至らない場合がけっこうあります。

その理由は、検査の結果、いまの状態(裸眼または現在眼鏡)でも深視力は大丈夫、ということになったり、逆に、メガネで矯正しても深視力があまり出ない、ということになるケースがままあるからです。

あるいは、その日にはメガネを作るかどうかは保留にされて、後日に「やはりメガネを作ってもらいます」と言ってご来店になるかたもおられます。
ページのTOPへ戻る
Q3:そちらで深視力試験用メガネを作ってもらったら、必ず試験に合格できるのでしょうか。
:絶対に合格します、という保証は無理です。
我々の店でご注文になってお作りになったメガネでみなさんが必ず深視力の試験に100%合格さなる……とは限りません。

ですから、我々も、たぶんいけるだろうと思ったとしても、「このメガネならおそらく大丈夫でしょう」程度にしか申しあげられませんし、

逆に、メガネの度数を変えても(メガネを作っても)試験に合格する可能性はあまり高くはない場合には、その旨を申しあげ、セールストークでメガネの購入を働きかけるというようなことはいたしません。

もちろんですが、我々の提案する度数のメガネで、従来よりも格段に深視力が出るようになって、そのメガネで深視力の検査に合格していただけるケースは多いのですが、そうではなくて、深視力の向上がどうなのかというのは定かではないけれど、視力の向上や眼の疲れを減らすという点では、明らかに今の状態よりも新しくメガネを作られる(あるいは、レンズを替えられる)方がいいのではないでしょうか……という提案をさせていただく、ということもあります。
ページのTOPへ戻る
Q4:では、深視力の検査については、検査料はかかるのでしょうか。
:それは個々の会員の店によって違いますので、一律には申しあげられませんが、
検査だけの場合には、検査料金をいただく場合が多いようです。
(ただし、そのときにメガネをご注文になれば検査料はいただかない、ということがほとんどです)

個々の店のホームページに、その検査料金を示してある場合もございますので、
お近くの店のホームページを確認いただくか、あるいは電話にて
問い合わせていただくのもよいと思います。

ただし、結果として検査だけに終わる、という場合でも、
あくまでも、「メガネ(かレンズ)を新しくすることにより深視力が向上するのなら、

検査を受けた店でメガネ(かレンズ)を注文したい」、というご要望のかたのみを我々は受け入れています。

メガネを作るのは他店で作るので、貴店で検査をしてもらって、その度数の処方箋をほしい、ということでのご来店は困りますので、その段ご了承をお願いいたします。
ページのTOPへ戻る
Q5:では「練習だけをしたい」というのではなくて、たとえば、
「最近、深視力試験でなんとか合格したが、四苦八苦した。
いまこのメガネで(あるいは、裸眼で)運転には特に困っていないので、いまのところどこの店でもメガネを作るつもりはないけれど、丁度よい機会なので、なぜ深視力が出にくいのかを調べてほしい」
という希望であればどうでしょうか。
:そういうかたの検査を受け入れるかどうかは、個々の会員によって違うと思いますので、お近くの会員の店へお問い合わせをお願いします。
ページのTOPへ戻る
Q6:検査を受けた店でメガネを作ってもらうとして、メガネフレームはその店で買わないで、
他店のメガネフレームを持ち込んで、レンズだけをその店で入れてもらうということは
可能でしょうか。
:まず、これまでご使用されていたフレームでしたら、その店でレンズ入れ替えが可能な構造のものであって、痛みや劣化の点で問題ないものであれば、その枠を使って、検査を受けた店でレンズを入れてもらい、深視力の出るメガネを作る、というのはおそらくOKでしょう。

次に新品の枠をお持ち込みということでしたら、それはお引き受けしない店もありますし、自店でレンズ入れ替えが可能な構造であれば、お引き受けする店もあるでしょう。

どちらにしても、新品の場合は、加工や調整により傷つきとか破損などが生じた場合に責任はとれませんという前もってのお断りを告げられ、それをお客様が承諾されないと、レンズ入れは引き受けてもらえません。

メガネ店では、新しい枠にレンズを入れる場合、自店の在庫であった枠であれば、素材や加工方法などもよくわかっているので、加工や調整のリスクも少ないし、万一加工や調整で何か不具合が生じてもなんとかフォローできるものなのですが、それが他店の枠では、加工や調整で不測の事態が起こった場合に、どうにもできないことが多いからです。


            * 責任感が人並みにある眼鏡技術者の場合、
              他店の新品フレームを持ち込まれてのレンズ入れは、
              大変気を使い、神経がすり減るものです。

ですので、深視力の出るメガネを作りたいというときに、わざわざ他店で新しい枠をお求めになって、検査を受けた店にレンズ入れにお持ち込みになることを、お勧めはできません。
ページのTOPへ戻る
HOME深視力とは深視力検査会員紹介│深視力Q&A│深視力メガネをお作りして会員募集
Copyright (C) 2007-2013 深視力メガネ研究会 All Rights Reserved