深視力とは 深視力検査 深視力検査のできる会員を紹介 深視力の質問と回答 深視力メガネをお作りして 深視力メガネ研究会の会員募集
レーシックの失敗?

レーシックの失敗?で深視力が出なくなったかた

                                   メガネのアイトピア 岡本隆博

 28歳男性の事例です。

 これまでは近視のメガネを掛けて深視力テストにパスしていたが、この2月にレーシックをしたら
 先日(9月)の深視力検査で、棒が4本見えてまったくわからなくなった、とのことです。

  持参眼鏡なし。

 ただし、家には近くを見る用のメガネがあり、それはレーシック手術のあとで、近くを見て眼が
 疲れるようだったらこれを掛けさいと言われてもらったもので、パソコンをやるときは、それを
 掛けないとすぐに眼が疲れ、掛けるとましになるとのことです。

 (+1程度の安物の既製老眼鏡だと推察されます。もちろんフィッティングなどしていないでしょう)


  当店検査

  両眼開放屈折検査
  R=0.6(1.2×S+2.00 C−1.25 Ax75)
  L=1.2(1.5×S+0.75 C−0.50 Ax140)

 右眼が、かなりの遠視性乱視です。
 これを掛けた方が、棒の奥行きはわかりやすいが、掛けなくてこの店の検査器械なら
 まあまあわかる、とのこと。

 それで、試験場にある覗き込み方式とこちらの方式との違いを説明しました。

 裸眼で近くの視力表をみると、すごくチカチカ感があり、メガネで見ると、だいぶ落ち着くとのこと。

 パソコンをやるときには、このメガネでやる方がよいですけれど、ただし、いつまでも、この度数で
 よいかどうかということはわかりませんし、このメガネで確実に深視力の試験に通るとは保証できま
 せんということを申し上げました。

 そうすると少しお考えになられて、結局メガネをご注文いただきました。


HOME深視力とは深視力検査会員紹介深視力Q&A深視力メガネをお作りして会員募集
Copyright (C) 2007-2013 深視力メガネ研究会 All Rights Reserved