そり角のつけかた〜【眼鏡技術者のナマの声】
トップページ ナマの声 募集 ナマの声一覧 リ ン ク
トップページ > ナマの声
 【フィッティング技術そり角のつけかた

                  
            2014.10.24  岡本隆博

 眼鏡のフィッティング調整における、フロント部のそり角のつけかたにおいては、
 下記のような要素がある。

    光学的要素
    美的要素
    力学的要素
    その他の要素

 これらを順に説明していくが、これらはそれぞれ独立したものではなく、
 他の要素との関連もあるし、その優先順位は個々の場合において違ってくる。
 だから、そり角の設定のしかたは、ケースバイケースでかなりフレキシブルに
 考えるべきものなのである。

 1)光学的要素

 レンズ光軸と、そのメガネでの基本的な視線(水平方向における)との一致を目指す
 のは当然であるが、ここで、重要なのは、

 【光軸のずれ、イコール、左右のフロントリムの180度からのずれ】ではないということ
 である。

 すなわち、光学中心の位置が、その玉型の水平方向での中央にあるのならば、
 上記の【 】内の等式は成立するのだが、光学中心の位置が中央からずれていれば、
 この等式は成立しない。
 そして、その場合に、リムカーブが強ければ強いほど、この2者が「イコール」から
 ずれる、その角度は大きくなる。

 これまでのフィッティング論においてはそのことを無視したそり角論が意外に多く、
 上記の【 】についは、イコールであるとみなして、「近用眼鏡では170度くらいの
 そり角がよい」などと単純なことを書いている筆者もいる。
 (自分では、そんなフィッティングをしていないくせに……)

 また、眼鏡のフィッティングにおける横田流の家元、横田進氏は、月刊『THE EYES』
 における連載講座(2014.10)「横田流フィッティング術 第105回」において、極く単純
 に(詳しい説明はまったく無く)少し順そりしているフロント部を180度に直している。

    *まあ、そもそも「○○流」というのは、踊りの花柳流と藤間流みたいなもので、
     どちらが正しいか正しくないかというものではなく、家元の知性よりも感性に
     より創始されたものなわけである。
     科学や学術には○○流と言うものはなく、○○流というのはそれは、
     いわば芸事の範疇に属するものだと言え、ゆえに、フィッティングの家元氏が
     「手さばき」を強調される理由もうなずけるというものだ。

  閑話休題、
  拙著書『よくわかる眼鏡講座・上』では、もちろんその二者が必ずしもイコールでは
  ないことについては言及しているが、定量的な検討はしていなかったので、
  以下にその検討をしてみよう。

 たとえば、58□18(FPD76)の枠の遠方専用メガネで、

  (1)OCDが68で玉型の中央から4mm鼻側に寄ったところに光学中心があったとき
  (2)OCDが60で玉型の中央から8mm鼻側に寄ったところに光学中心があったとき

  で、(A)リムカーブが8であった場合
     (B)リムカーブが3であった場合
 とを、検討してみる。

 つまり、これらの4とおりの場合に、互いに平行な視線に対して左右レンズの光軸も
 平行になるようにするには、フロント部のそり角を何度にすればよいかということを
 計算してみる。

 なお、ここでの数値が180よりも少ない場合は「逆そり」で、多い場合は「順そり」だと
 解釈していただきたい。

 ++++++++++++++++++++++++++++++++++++

 以上は、2014の10月に、メガネのそり角について眼鏡技術倶楽部のMLに
 私が書き込んだメールの初めの部分です。
 これ以後、そり角について、いろいろな話が続きます。

 眼鏡技術倶楽部では、しょっちゅうこういう技術話をしています。
 興味のあるかたは下記をご一読の上、入会についてお問い合わせください。

   眼鏡技術クラブ http://www.msopt.jp/mtcb/top.html



トップページページTOPへ
Copyright (C) 2014 眼鏡技術者のナマの声 All Rights Reserved