フォロプターとホロプター〜【眼鏡技術者のナマの声】
トップページ ナマの声 募集 ナマの声一覧 リ ン ク
トップページ > ナマの声
[みに談義] フォロプター と ホロプター


 
岡本 JISでの呼び名は「レフラクターヘッド」というのだそうですが、ターレット式検眼器とも
     言います。 昔は手で回していましたが、最近のは遠隔操縦の、いわばパワーステア
     リングですね。

     これを、フォロプターと呼ぶ(書く)のはAOの器械の商品名であるPhoropterをカタ
     カナで書くとそうなるからですが、これはまあ、化学調味料を味の素と呼び、セロハン
     テープをセロテープと呼び、ステープラーをホチキスと呼ぶのと同じことです。

     で、商品名でもって一般名詞としてあれをフォロプターと呼ぶ(書く)のはよいとして、
     それを「ホロプター」と書いて憚らない人がいます。
     しかしそれは、photoをフォトと書かずにホトと書き、フィリピンをヒリピンと書くのと同じ
     ようなおかしな表記なのです。

     野矢 正氏は以前からフォロプターをホロプターと書いておられ、最近誰かに「それ
     はフォロプターと書くべき」と言われたらしく、月刊「眼鏡」の2007.9の連載講座で
     次のように書いておられます。(以下、《 》内は同講座からの原文のままの引用です)


     《眼鏡の度数を決める時、ホロプターはかなり有用であると考えている。》

     《どうもホロプターは商品名であるようだ。》

     《フォロプターではないかなどとの異論を聞いたこともあったが、当面は乱視、ホロプ
      ターで通したいと思っている。》


     例によって、なぜ自分はフォロプターと書かないでホロプターと書くのか、なぜ「ホロ
     プター」と書く方が「フォロプター」と書くよりもベターなのかという説明は何もないので
     す。自分は昔からそう書いているから変えない、というだけのことなのでしょう。


     なお、眼科学で「ホロプター」と書けば何を指すのか、ということくらいは、優秀なORT
     である野矢氏がご存じないはずはないと思うのですが、そのホロプターとの混同を避
     けるためにも、phoropterはフォロプターと書く、という当たり前の執筆姿勢が、野矢
     氏にはないようです。


     -------------------------------------------------------------------
     (参考資料)

      ホロプターとは?

      ある一点を注視したとき,両眼の網膜上での結像部位が一致する外界の軌跡を
      ホロプタ−(horopter)という。 ある点が,ホロプターから飛び出していれば奥行き
      は遠くなり、へこんでいれば近いということになる。

      両眼視差は,視差がゼロの状態であるホロプター上のある点より近い、または
      遠い位置に網膜像が映るときのそのズレのことである。

                http://gc.sfc.keio.ac.jp/class/2003_14454/slides/07/51.html
                                        (2007.11.16現在)


                          ○



 原   やはり、フォロプターとホロプターは分けるべきだと思います。
     一般的にホロプターと書けば、ホロプター円を思い浮かべますし、英語のニュアンス
     の違いをカナでもなるべく正確に表現するなら、phoropterは「フォロプター」、horo
     pterは「ホロプター」が妥当であると思います。

 岡本 槍を持った重装歩兵隊、phalanxは、ファランクスであって、これをハランクスと書い
     たら変ですよね。

     野矢さんがphoropterの綴りを知らないことは考えにくいし、horopterもご存じでしょ
     うから、なぜあの器械を「ホロプター」と書くことにこだわるのか……、また、その変な
     こだわりをわざわざ自ら進んで連載記事に書くということも、私には理解しがたいこと
     です。



トップページ
Copyright (C) 2007-2008 眼鏡技術者のナマの声 All Rights Reserved