また玉型加工でレンズにひずみが〜【眼鏡技術者のナマの声】
トップページ ナマの声 募集 ナマの声一覧 リ ン ク
トップページ > ナマの声
[ML談義] また玉型加工でレンズにひずみが


 HOYAの累進レンズをパリミキで枠入れ

 原  視覚機能研究会のホームページをご覧になって55歳の男性のかたがご来店に
     なりました。
     現在、遠近両用の累進レンズを使用されていますが、遠見も近見も見えずらく、
     特に左眼だけ二重に見えるとのことでした。

     2、3か月前に、行きつけのパリミキでレンズ交換をされ、HOYAのID1.7という、
     屈折率1.7の両面複合設計の遠近累進レンズが入っていました。

     度数は  R=S−8.75 C−1.00 Ax100 ADD1.75
            L=S−7.25 C−1.00 Ax54  ADD1.75

     でしたが、フィッテイングの状態が一目でわかるほどにダメで、見えにくいのは
     当然のようでした。
     頂点間距離が長すぎるのと、前傾角が起きすぎるようでした。
     フィッティングをし直すと、見え方はぐんと良くなったようです。

     それで検査をしたところ、下記のようになりました。

            RV=(1.0×S−9.00 C−0.50 Ax100 ADD2.00)
            LV=(1.0×S−7.25 C−1.00 Ax40  ADD2.25)

     ただ、左眼の二重に見えるというのは少し残るようでした。医学的なところに原因が
     あるのではないかと申し上げました。

     それでも、両眼で見ているときにはずいぶん見えやすいとのことで、ツアイスの
     遠近累進、グラダール1.74でレンズ交換をすることになりました。

     土曜日にゴルフに行ってきたとのご報告をいただき、遠見も良く見えるようになっ
     たと喜んでくださいました。
     前のレンズは10万円もする高価なレンズでしたが、フィッティングがまったくダメで
     台無しでした。

     歪み計で見たレンズの歪みもひどい状態でしたが、これはメーカーの玉型加工しか
     受け付けていないレンズなので、大きめに仕上がってきたレンズを無理に締め付け
     ているために生じたようです。


 岡本 ひずみについては、前に私が報告したのと同じケースですね。東海光学は、枠を
     預かってレンズを入れるというのを始めたようですので、おそらく無理な歪みはない
     状態で枠入れをしてくれるものと思いますが、他のメーカ−も同じ方式のことをやら
     ないと、ヒズミの問題はどうにもならないでしょう。

     仮に、メガネ店の方で、ヒズミを最小限にするために手摺りで最終調整をしようという
     意思があり、手摺りの技術があっても、中等度以上のマイナスレンズの場合のように
     小ヤゲンになっていた場合には、手摺りではきれいに追い摺りをするのはまず無理
     です。


 原  ヒズミについては、前のレンズには修正(追い摺り)を試みた痕跡はありませんで、
     カットされてきたレンズをそのまま入れたようでした。ヤゲンカーブとリムカーブも
     まったく合わせていないようでしたので、メガネ店の加工担当者は歪みもなにも気に
     していないのではないでしょうか。


 岡本 ということは、枠のデーターを送ったときに、枠のカーブのデータも送られていっ
     ており、レンズはそれも考慮に入れて摺りあがってくる……というわけではないの
     ですね。

     それにしても、メーカーから送られてくるレンズをそのまま入れるだけだったら、
     学生アルバイターでもできるでしょうネ。


 ホントは玉型加工の方が難しい

 
原  HOYAの場合、枠のカーブのデータも送られているのだと思います。玉型加工の
     ヤゲン位置は、オート加工、前後比率指定、フレームならい、と数種類指定できま
     すが、私はこれまでオート加工(レンズの前後のカーブから割り出したヤゲンカーブ)
     しか発注したことがありませんので、他の指定の仕上がり具合はわかりません。


 岡本 枠のカーブのデータもメーカーに送られているのであれば、その問題のメガネの
     場合、枠のカーブとレンズのカーブが合っていなかったのは、なぜだかわかりませ
     んが、まずいですね。


 原  【HOYAの玉型加工の場合、枠のカーブデータも送られていますので、「フレーム
     ならい」を選択すれば、そのように仕上がってくるのではないでしょうか。】a

     ただし、その場合、近視がある程度の度数になると、枠入れしたときに、レンズが
     前にせり出すようになってしまって、不格好になりそうです。
     いずれにしても、自店で丸生地から削るにしても、あるいは、玉型に近い形で玉型
     よりもやや大きめのレンズが来てそれを削るという方法にしても、とにかく自店で
     自動機械で加工できる方が良いですね。


 岡本 【 】aということは、そのまずいメガネの場合には、フレームならいの指定にしなかっ
     たので、リムカーブとは違うヤゲンカーブのレンズが送られてきて、枠入れをする
     ときに、リムカーブの修正もレンズカーブの修正もしなかったので、結果としてレンズ
     のヤゲンのカーブと枠のカーブの合っていないメガネになってしまっていた、という
     ことなのでしょうネ。


 原  そうだと思います。
     やはりこの場合は、リムのカーブを浅めに修正してからフレームデータを送って、
     仕上がってきたレンズのヤゲンカーブにフレームカーブを再度仕上げの修正をして
     枠入れするべきだったと思います。

     ただし、小ヤゲンがついているマイナスレンズは、ヤゲンの大きさを奇麗に修正でき
     ないのですし、その修正が大変な手間になりますので、丸生地で送ってもらって、
     自店で加工する方がかえって面倒がなくて良いですね。
     ヒズミも何も考えずに、削られて送ってきたレンズをネジを入れるだけで枠に入れて、
     それで高いレンズが売れて……ということなら、商売としてはそれで良いのかもしれ
     ませんが。


 岡本 玉型加工でレンズを注文する場合、レンズのベースカーブを推測して枠のリムカー
     ブとうまく合わないかなと思えば、リムカーブを修正してから、トレーサにかければ
     よいのでしょうが、実際のところそこまでする店は少ないのでしょう。

     メガネ店の方も「メーカーでレンズをきっちり枠の形に削ってくれて、心取りも正確に
     入っている玉型加工」というようなイメージを持ってしまい、特別に自分は何もしなく
     ても玉型に綺麗に加工されたレンズが送られてきたら、それを入れるだけでいいから
     楽だワ、みたいな感じで対応しがちなのかもしれません。

     しかし、ホントは、玉型加工のときこそ、追い摺りが難しいので、レンズの歪みを最小
     限度にして枠入れを仕上げるということが難しくなるのです。そういう点においては、
     玉型加工は自店での加工よりも、ずっとやっかいな方法なのだという認識を、玉型
     加工のレンズをよく注文するメガネ店のかたには、しっかり持っておいてほしいもの
     です。





トップページ
Copyright (C) 2007-2008 眼鏡技術者のナマの声 All Rights Reserved