私が作った厚み計〜【眼鏡技術者のナマの声】
トップページ ナマの声 募集 ナマの声一覧 リ ン ク
トップページ > ナマの声
[器具開発] 私が作った厚み計
                                           岡本隆博

 眼鏡技術者ならば、メガネレンズの厚みを計りたいときがある。

  1)枠に入ったレンズの中心厚を計りたい。

  2)アンカットレンズの中心厚を計りたい。

  3)金属枠に入ったレンズのコバ厚を計りたい。

  4)プラスチック枠に入ったレンズのコバ厚を計りたい。

 これらのうち、3)だけは、普通の定規でも一応は測定できるが、
 ノギスで測定するほうが、より精密に(0.1mm単位で)測定できる。

 他の1)2)4)の測定は、厚み計がないと無理である。


 そして、この業界では、ドイツ製の2種類の厚み計を工具商社から入手できる。

 そのうちの18000円のほうでは、普通の定規やノギスでは無理な1)と4)の測定が
 OKなのであるが、2)については、レンズ径が60mmを超えるものについては測定
 できない。

 また、23800円の方なら、1)と3)と4)はもちろんのこと、2)で大口径のアンカット
 レンズの中心厚も測定できる。

 ただ、どちらも精密器械なので、床に落としたりすると狂ってしまう、ことがある、
 という難点がある。 安いものならよいが、高額なものだと、これは少し困る。

 そして、金属製の針先のようなものをレンズ面に当てるというのも、心理的にやや
 抵抗がある。(実際には大丈夫なのだろうけれど)


 そこでこのたび私は、

  ・値段が高い
  ・狂う恐れ
  ・レンズへの傷の不安感

 という問題点を解決すべく、紙製の厚み計を考案して、発売した。

 それは、上記の1)2)3)4)のすべてを測定できる(75mm径のレンズの中心厚もOK)
 ものであり、測定単位は0.1mmである。

 それと、下記のような利点もあわせ持っている。

  A)紙製なので、床に落としても狂わない。

  B)レンズに当たる部分も紙製なので、レンズ表面に対して優しい。

  C)レンズはさみ紙がヘタってきたら、交換用もついている。

  D)全体がヘタってきたら、また1000円で買える。


 ● この厚み計については、下記をごらんいただきたい。

  http://homepage1.nifty.com/EYETOPIA/kigukaihatsu.html



トップページ
Copyright (C) 2013 眼鏡技術者のナマの声 All Rights Reserved