15全色と15ハーフで色が違う?!〜【眼鏡技術者のナマの声】
トップページ ナマの声 募集 ナマの声一覧 リ ン ク
トップページ > ナマの声
[ML談義] 15全色と15ハーフで色が違う?!


 岡本 ニューアリアーテのアースブラウウン15Fで染色を依頼したところ、えらく赤っぽい
     レンズが来ました。

     それで、そのレンズメーカーに電話で尋ねたところ、各レンズメーカーには各色に
     つき、15Fの見本レンズもあって(それは小売店にはない)、よく見ると、アースブラ
     ウンは、15Fのほうが15Hの色よりも多少赤っぽいです、とのこと。

     それで私は「小売店には15Fの見本はなくて、お客さんには15Hの見本の色で見
     せているので、そちらでも15Hの色調でつけてもらわないといけませんね。 15Fの
     濃さは、そちらにある見本の濃さでいいでしょうけれど」と言って、やり直しをお願い
     しました。

     今後、15Fを注文するときには、どの色の場合も、そういう但し書きをしておく方が
     よいようです。

     それにしても、15Hと15Fで少し色調の違う見本レンズをメーカーに送るオプティ
     カルカラー協会も問題ですが、そのことによるトラブルを予想してオプティカルカラ
     ー協会に文句を言うということをしないレンズメーカーにも、問題があるのではない
     でしょうか。

     だって、小売店に15Fの見本がない以上、15Fと15Fの色見本の色調をきっちり
     そろえておくのは、当然でしょうから。


 田中 私もつい先日、T光学に発注したレンズのアースブラウン15Fで同じことがありました。

     理由は説明がありませんでしたが、見本カラーより赤みが強いというと、すぐ作り直し
     に応じてくれたところをみると、同じトラブルが起きているということなんでしょうか。


 岡本 今回 「色が全然違う!」 と文句を言ったら 「午後3時の太陽光線のもとでの色なの
     で、室内の蛍光灯の下で見ると多少違うような……」 とか言うので 「いま外でも見て
     きました。 その上で言っています。 こんなもの、どんな光の下で見ても全然違う色
     ですよ。 初めにパッと見たときに、ピンクのレンズが間違えて送られてきたのか思っ
     たくらいですよ」 と私は怒りました。

     すると 「では、ひとまずそれをお返しいただいて、それを当方で確認してから……」
     と言うので 「そんなアホな!お客さんが待っておられるんですから、悠長なことを言っ
     ている場合ではありませんよ。そっちの見本の15Hの色を見ながら15Fの色を付け
     て送ってください! それには黒伝票をつけておいてくれたらいいです。それでこっ
     ちからの返品のレンズがそっちへ着いたら赤伝を起こしてくださればいいです」

     メーカーの人には、お客さんに待ってもらっているという概念がないのかもしれませ
     んね。

     「そもそも、同じ色名なのに、15Hと15Fでこんなに色調が違う見本を、作る方も作る
     方ですけれど、それをそのまま文句も言わずに、見本のとおりに色をつける方もつけ
     る方でしょ……おたくらは15Fの見本は小売店にないのを知っているんでしょ。

     それならなぜ15Fの見本を見てそのとおりに付けるのですか? おかしいと思いませ
     ん? もしも初めにきっちり点検して、どの色も15Hと15Fで色調が変わらないという
     ことを確認したのなら、15Fの見本で15Fの色を付けてもいいけれど、少なくともアー
     スブラウンでは15Fと15Hでは色目が違うし、それを知っていながら、小売店にはな
     い15Fの見本のとおりに色を付けるというのは、おかしいですよね。

     ついでに言いますと、シャドーブラウンも25Hと15Hと10Fの見本があるけれど、み
     な色調が違います。 15Hは25Hよりもグレーっぽいし、10Fなんか、緑が入ってい
     る。 おかしいですね、この見本も。 これも15Fの見本がどんな色になっているか、
     わかりませんから、この色の15Fなんて、怖くて注文できませんワ。 うちは今日から
     旧アリアーテに戻します。それでも受けてくれるんやね?!」

     「はい。受けます」

     それで当店では、店のカラー見本を旧アリアーテに戻しました。
     それと、あとで、そのメーカーの人に聞きましたら、ニューアリアーテの色がまずいと
     いうことでHOYAが旧アリアーテでも受けることをまず一番先に表明したそうです。
     それで、そのメーカーでも、これまで旧カラーでの染色の引き受けを停止していな
     かったのですが「今後も引き続き、受けます」とのことでした。

     ですから、みなさんは、自店のメインのレンズメーカーが旧アリアーテを受けないの
     であれば、事情を話して受けてくれるように言ってみられたらよいと思います。


   +++++++++++++++++++++++++++++++++++

     2010.7.23に、アリアーテカラーの供給元であるオプティカルカラー協会の
     モリヤさんに、この記事と、少し前の 「ニューアリアーテは改悪だ!」 の記事に
     ついて、こういう記事を載せていますと連絡をして、お読みくださいと申し上げました。

     モリヤさんは、このサイト自体をご存じなかったそうで、すぐにパソコンでこのサイトを
     ご覧になりまして、「たしかにアリアーテについて載っていますね。では、あとで読ま
     せてもらいます」とおっしゃいました。

     それで私は 「この2つの記事に対するご意見や釈明や反論などがあればお寄せ
     ください。それも、こちらのサイトに掲載させていただきますので」 と申しました。
                                               (岡本)



トップページ
Copyright (C) 2010 眼鏡技術者のナマの声 All Rights Reserved